純粋な、氣持ち

ヨガの、その先の一つ。

ヨガのアーサナをすることで胸が開き、呼吸が深くなり、身体がしなやかになり、心がほぐれていく…手指足指の先から、見えない糸が地上に生きる全ての命、無機物にも繋がってゆく。公園や海、お寺や古民家でヨガをお伝えしているとそんな体感やイメージが自然に湧き上がってきます。

ヨガは人生を深めるツール、自身の枠を超えるツール、そして何より、自分と本氣で遊べるところが大ーーー好きっ!だってヨガのポーズって、できたところでどうということはないと思いません?でもその姿かたちの美しさ、洗練された動きにすっかり虜になり、こうして日々練習しているのが楽しくてしょうがないのです。ただの変な人です笑。この変な人が、ヨガを練習しながらその先に思い描いているもの、その一つがこれです。

それは子供達が日々大冒険できる場を創る、ということ。

子供達が大自然の中で主体的に、自由に一日を過ごす、そんな場をイメージしています。一日の流れはこんな感じ。

朝六時から私のマイソールが始まる。今のプラクティスのアサナまでをじっくりと、いつもの肚呼吸で。自主練したいスタッフや近所の人たちが朝の準備運動としてアサナや呼吸法、瞑想をやりに来ることもできる。皆それぞれ自主練で、出入りは自由。八時くらいから一時間は肚ヨガレッドクラス。言葉による導きがほしい方はここに参加。レッド、とはled。よくあるヨガのクラスと思ってほしい。一日の始まり、自らを整える時間だ。

九時から親子がやって来る。幼稚園くらいの年齢の子もいれば、小学生、中学生もいる。みんな何かしら今日一日の課題やしたいこと、あるいはノープランでやってくる。今日過ごす子どもと大人が集合して挨拶、朝の話し合い。気になること、今日することを宣言したり、みんなの案を聞いて乗っかったりする。

私はその子達と過ごす。必要ならば手助けしたり、稲作が始まれば子供達に手伝いを頼むこともある。お腹が空いたら各自ご飯。ご飯は作ってくれる人もいるが、メニューを決めて一緒に作ってもいい。必要なら収穫や買い出しもする。午後もそんな感じで過ごす。十四時頃から夕方の話し合い。今日の成果や課題、明日に持ち越すことなどをシェア、また明日、と帰っていく子もいる。

親さんが迎えに来るまでの時間、ここで過ごす子達がやって来る。することは自分で決める。夜ご飯までいる子は準備を頼むこともある。私の家族も帰宅してくる。みんなで夜ご飯。お迎えが遅くなった親子さんも一緒に食べる。

二十時くらいから日替わりで夜の肚ヨガレッドクラスか、瞑想時間を一時間。大人も子供も、近所の人も、受けたい人はどなたでも参加できる。出入り自由。

おやすみなさい、という感じです。

これが私の今の純粋な氣持ち。こうして見ると、私は自主練と、みんなとヨガをシェアする時間を持てれば、あとはなんでもするしできるよ、という実にお気楽な立場。こんなに楽しくていいのだろうか!いや、いいんだ、きっと!!!

”里海ようちえん”の仲間達の純粋な氣持ちとかけ合わせ、今まさに創り上げて行くところです。

                              二〇二一年一〇月五日  記 増田 さやか

 

この記事を書いた人